排卵日検査薬

MENU

排卵日検査薬の感度やタイミングの取り方、間違ってはいませんか?

 

赤ちゃんが欲しいと望む女性が積極的に挑戦したいことと言えば、排卵期を見計らって子作りにトライすることではないかと思います。
病院で指導などを受けながらより良いタイミングなどを見計ることも出来るわけですが、自分でも正しい知識を持って十分に行うことが出来るのが、妊活というものです。
そんな中、よりベストなタイミングを知る上で絶対的と言ってもいいほどに必要になるのが排卵期の特定であり、頼れるアイテムとなるのが排卵日検査薬になります。
排卵日検査薬を上手に使いこなすことができれば、最良のタイミングを見出すことができます。
ただ、最良のタイミングを見出すことは意外と難しかったりもするものです。
例えば、自分に合った排卵日検査薬を選べなければ信頼できる結果にならないことがあったり、排卵検査によって折角得られた陽性反応のチャンスを逃してしまったりすることが多々あるからです。
より良いタイミングを知る上で、自分に合わない検査薬を使い続けることは結構な問題点だったりします。
ここでは、そんなより良いベストタイミングを計れるようになるために、排卵日検査薬をどのように使えば良いのか、自分に合った排卵日検査薬を選べているかなど、排卵日検査薬を改めて見直す上でのお話をしていきたいと思います。

 

 

排卵日検査薬にはそれぞれに合う感度がある

 

説明通りに排卵日検査薬を使っていても、その使いにくさを感じることはないでしょうか。
そうした排卵日検査薬は、あなたには合っていない可能性があります。
例えば、陽性反応は出ているけどまだ少し早いような気がする、薄い結果しか出ない...など、いまいちその結果を信用できないことは思いの外多いものでしょう。
そもそも月に一度しかチャンスはない訳ですから、曖昧な結果に翻弄される内に、大切な機会を逃してしまっていることもあるだろうと思います。
けれどそれでは本末転倒。
何故そのようなことになるのか、そもそもその排卵日検査薬の感度が自分に合っているのかどうか改めてみることが大切です。
排卵日検査薬には、ホルモン量が〇〇に達したら陽性反応を出すといったように、それぞれ感度が設定されています。
ですが実際のところ、ホルモンの分泌量には個人差がありますので、排卵前やピークの状態でもいまいち値が大きくならなかったり、排卵まではもう少しあるのにグンと大きな値になってしまったりすることも出てきてしまうのです。
排卵日検査薬の感度は10IU/L程度から100IU/Lまで検出できるものまで、実に幅広いものがあります。
一般的には25IU/Lや40IU/Lといった感度がメジャーではないかと思いますが、人によっては10IU/Lが丁度いいといったこともやはり出てくるものなのです。
覚えておいて欲しいのは数字は小さい方が感度は高いということで、例えば10IU/Lで陽性反応が出るといった感度のものは、少量のホルモンにでも反応できるよう設定されている排卵日検査薬と言えます。
仮に10IU/Lといった感度の高い検査薬で丁度良いという人がいるとしたら、その人の使用している排卵日検査薬が40IU/Lの感度のものであってが、一向に反応が出ないといったことも十分に有り得る訳です。
排卵日検査薬を購入する際は必ず感度を確認し、まずは手頃な25IU/Lや30IU/Lといったものを使いつつ、検査薬の反応を見ながら別の感度ものも使用するなどして微調整いくと良いでしょう。
このように検査薬を見極めることを考える上でも、初めからひとつの検査薬をあまり大量購入してしまうのはお勧めできないかもしれません。

 

 

排卵検査のタイミングは1日2回を習慣づける

 

排卵日検査薬を使用している人の中には、いつ検査をするのがベストなのかよくわからないといった方も多いのかもしれません。
排卵日検査薬の場合、検査は1日に2回程度するのが理想的です。
何故なら、排卵のタイミングというのは極限られた短い時間でしかなく、仮に毎日決められた時間に1回の検査を行ったとしても、例えばその10時間後には陽性反応が始まっているなんてことも十分にあり得るからです。
ただこのこと自体、何の問題があるのかよくわからない方もいるでしょう。
排卵日検査薬は排卵の36時間から24時間前くらいを察知する検査薬ですので、検査と検査の間に24時間の開きがある=既にベストタイミングを逃してしまっている可能性が生じてきます。
例えば、昨日の朝は陰性だったけれど昼前には陽性反応になる程ホルモン分泌が始まっていたりして、次の日の朝に検査してみたらピークが終わりかけの薄っすら陽性反応を見ることになるかもしれないのです。
でもこうした結果が出ている本人にとっては、これからホルモンが上がっていくと勘違いしてしまうことだってあるのではないでしょうか。
念の為に今日は夜ももう一回検査してタイミングを計ってみようと思ったりもするけれど、実際夜に検査してみるともう陽性反応はなし...そういった経験がある方はきっと少なくはないはずです。
だからこそ普段から、朝晩二回程度は排卵日検査薬を使用することがお勧めなのです。
加えて言いますと、朝一の尿ではない方が無難だったりしますので、昼前に1回と寝る前に1回のタイミングで検査していくことをお勧めします。
そして寝る前に陽性反応が出た際は、そのまま明日まで様子を見るのではなく、出来ればその場でトライしてみるようにしてください。

 

 

排卵ピークではなくピーク前がチャンス

 

排卵日検査薬を使い始めたばかりの方にとって、陽性反応がくっきりと出ないことが不安材料になっていることも多々あります。
陽性反応はテストラインより濃いか薄いかで判断するのが一般的ですから、曖昧な反応で迷ってしまうのは当然のことです。
ただ、ホルモン量には個人差がありますし、排卵日検査薬が反応しているのはあくまでも排卵前に上昇するホルモンであって排卵そのものではありませんので、薄い反応しか出ないことがあっても問題な訳ではないのです。
もちろん薄すぎる反応は様子を見る必要があるでしょうが、あまり神経質にならず、テストライン以上の濃さにこだわらない位の気持ちで排卵日検査薬を利用すると良いでしょう。
排卵日検査薬を使うことで、自分の体が排卵に向かっているかどうかが分かれば、あとは旦那さんとのタイミングを計ることに集中することが大切です。
この後数時間で確実にピークが来る!という予想が付いたのなら、トライするための準備を整えていくようにしましょう。
排卵日検査薬は排卵前を教えてくれる、つまりは妊娠しやすいタイミングを教えてくれるアイテムです。
そして排卵前を知ることができるということは、あらかじめ精子が卵子を待ち受ける状態を作り出すことができるということ。
卵子の寿命は精子よりも短く受精に適したピークの時間は6時間程度と言われていますが、精子は活発な運動を開始するまでに数時間を要するスロースターターですので、排卵と同じタイミングを狙うよりも、排卵前のタイミングを狙った方が妊娠の確率を上げることができます。
排卵の予兆を確認できたら、新鮮で活発な精子をしっかりスタンバイさせることを意識していきましょう。

 

 

基礎体温計と併用もお勧め

 

妊娠を望む女性の中には、基礎体温計を使って排卵のタイミングを確認しているという方も多いかと思います。
しかし、基礎体温計は排卵後を確認するためのアイテムですので、妊娠に適したタイミングを直接的に知る上では不十分な面があると言えます。
もちろん基礎体温計をつけることは無駄ではありません。
万が一不妊治療が求められるようになった際や女性特有の病気などの発覚の際には、基礎体温計で得たものが重要なデータにもなり得ますし、体調管理をする上でも女性であれば使っていて損はないアイテムと言えます。
排卵期の基礎体温の変動ポイントは低温期と高温期の境に生じますので、一度ガクッと体温が下がってから高温期に移行する時点にあると読み取れます。
このデータを確認することができたなら、少なくとも排卵は問題なく行われていると予想することができます。
排卵日検査薬の検査と基礎体温計のデータのタイミング合っていることで、よりベストなタイミングをあなたが自覚するに至る判断材料にもなるでしょう。
必須アイテムという訳ではないかもしれませんが、基礎体温計はデータを取ることができれば何かと便利に使えますので、余裕のある方は排卵日検査薬と合わせて挑戦してみることをお勧めします。

 

 

排卵日検査薬を頼れるアイテムに!

 

排卵日検査薬は簡易的なものですが、コツさえ使えば大変頼れるアイテムになり得ます。
コツが必要だったり誤解していたりしたこともあるかと思いますが、そのポイントに気付けたのであれば、あとは学んだことを活かしていけば良いだけのことです。
排卵日検査薬には感度の違いがあるということ、検査は1日2回は行うのが理想的であること、必ずしもピークの反応を待つ必要はないことなど、ここで記したことを参考にあなたが排卵日検査薬をより便利に活用できれば嬉しい限りです。
余裕があれば基礎体温計なども使用しながら、あなたにとってベストタイミングとなる妊娠のチャンスを逃さないようにしてみてください。

更新履歴